乳腺炎

乳腺炎

鍼灸治療

 乳腺炎は乳腺の炎症性疾患で、うっ滞性乳腺炎と急性化膿性乳腺炎とに区別されます。うっ滞性乳腺炎は、乳管内に乳汁がうっ滞した状態で、産褥早期にみられますが感染症ではありません、原因は乳房の血管拡張による静脈血及びリンパ液のうっ滞による乳管の圧迫、あるいは乳管の閉鎖などにより乳汁がうっ滞するもので、多くは産褥1週間以内に発症します。急性化膿性乳腺炎は、産褥2~3週間ごろ発症することが多く、細菌感染によるものです、感染経路は乳頭部の微小な傷口より、リンパ行性に乳腺実質に達し、さらに乳管内に進入する場合と、細菌が乳管内にまず進入し、乳管上皮を破壊して間質に波及する場合とがあります、起炎菌の代表的なものはブドウ球菌、大腸菌、レンサ球菌です。症状は、うっ滞性乳腺炎の場合は腫脹、発赤、熱感などですが、乳汁のうっ滞を除去すると症状は消失します。急性化膿性乳腺炎の場合は悪寒戦慄を伴う発熱があり、乳腺の有痛性硬結、びまん性腫脹、発赤、熱感などで、通常は疼痛の為、授乳困難となります。乳腺炎に対する鍼灸治療は、うっ滞性乳腺炎を対象とします、治療は血液及びリンパの循環改善を目的とした、背部と胸腹部のツボに対する治療を行うと共に肩こり治療も行います。急性化膿性乳腺炎は、西医による抗生物質投与治療になりますので鍼灸治療対象外です。


予防・対策

 乳腺炎の原因である乳汁うっ滞は、乳汁の排出を促す為の乳房マッサージの励行及び授乳後の搾乳を行うことで予防できます。また乳頭の亀裂などがある場合には、局所を清潔に保ち、抗生物質軟膏を塗布して細菌感染を防ぐようにしてください。また授乳に伴う肩こりは乳腺炎の症状を増悪させますので、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料