アレルギー

アレルギー

鍼灸治療

 アレルギーとは、生体内における各種の防衛機構のうち、異物の特異性を認識することによって起こる特異的反応、これを一般に免疫反応といいますが、この免疫反応が過剰な状態をアレルギーといいます。このアレルギーは、反応の仕組みにより、1型、2型、3型、4型、の4型に分類されています。1型(アナフィラキシー型)は、免疫グロブリンE(IgE)が関与する反応で、気管支喘息、一部の蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、アナフィラキシーショックなどの疾患があげられています。2型(細胞障害型)は、細胞表面の抗原に対抗するように抗体(IgG、IgM)が結合し、さらに補体が関与して、細胞の破壊、溶解を起こします、これには溶血性貧血、血小板減少症、血液型不適合による溶血などがあります。3型(免疫複合体型)は、可溶性の抗原と抗体(IgG、IgM)が反応した結果、抗原抗体複合体が組織に沈着し、これに補体系が関与して炎症反応を起こします、これには血清病、糸球体腎炎、全身性エリテマトーデス、慢性関節リウマチなどがあります。4型(細胞性免疫型)は、細胞性免疫に関与するTリンパ球が抗原と反応して、組織の障害を起こします、これにはツベルクリン反応、接触性皮膚炎、臓器移植時の拒絶反応などがあります。これら4型のすべてに関与しているものに薬物アレルギーがあります、これは本来病気を治すはずの薬剤がアレルゲンとなってしまい、新たな病気を誘発してしまうといったもので、代表的なものに皮膚症状とアナフィラキシーショックがあります、特にアナフィラキシーショックは循環不全と気道閉塞を伴った重篤な症状ですので注意が必要です。アレルギーに対する鍼灸治療は、西医における治療が思わしくない方及び薬物アレルギーの方を対象とします。治療は対症治療として症状に応じた経絡治療と、根治治療として体質改善をを目指した全身治療を行います。


予防・対策

 過剰な抗原抗体反応によるアレルギー疾患は、非常に多くの種類があります、特に薬剤によるアレルギーは、ほとんどすべての薬剤が対象となるだけに、今後、急速に増加することが予想されます。現在、西医においては抗原と抗体という枠組みの中で、対症治療としての治療体系が構築されていますが、アレルギーそのものへの根本治療には至っていません。鍼灸治療には、体質改善による根治の可能性が秘められていますので、西医による治療が思わしくない場合は併用療法として、お近くの鍼灸院で治療してみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料