円形脱毛症

円形脱毛症

鍼灸治療

 円形脱毛症は、通常、頭部に円形あるいは楕円形の脱毛班が生ずる疾患をいいますが、中には眉毛、腋毛、陰毛などにも脱毛が及ぶこともあります。円形脱毛の病型は、単発の円形である通常型円形脱毛症以外に、頭部全体が脱毛してしまう全頭型、全身の体毛が脱毛する汎発型、後頭部から側頭部にかけて帯状に脱毛する蛇行性などがあります。円形脱毛のはっきりした原因は不明ですが、自律神経障害説、内分泌障害説、栄養障害説、自己免疫異常説などが挙げられています、これらの中で組織学的に毛包周囲にTリンパ球の浸潤が見られることから、毛根を異物として攻撃してしまう自己免疫異常説が注目されています。円形脱毛症の症状は、通常型の場合予後良好ですが、全頭型や汎発型は治療に対して抵抗があり、特に汎発型は難治性であるといわれています。円形脱毛症の西医における治療は、脱毛部の血行を改善する目的で局所血管拡張作用のあるフロジン液の塗布や、赤外線照射などを行っています、その他では液体窒素による冷凍凝固法や紫外線照射、及びリンパ球の作用を抑制する為にステロイドホルモンの塗布、内服、局所注射などが行われています。円形脱毛症に対する鍼灸治療は、対症療法としての局所治療と根治療法としての全身治療を併行して行います。治療は、局所治療として脱毛部位への直接刺激と、頭部への血流改善を目的とした頚部交感神経への働きかけを行います、全身治療は消化器系内臓の強化を目的とした、背部と腹部のツボに対する治療と、生体恒常性維持を目指した経絡バランスの調整治療を行います。


予防・対策

 円形脱毛症の原因として自己免疫異常説が有力であるといわれていますが、精神的ストレスによる自律神経障害や、毛髪の原料である良質の蛋白質不足といった栄養障害なども誘因として挙げられていますので、治療と併行してこれらの改善も考慮する必要があります。また西医での治療が思わしくない方は、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料