花粉症

花粉症

鍼灸治療

 花粉症は、花粉をアレルゲンとするⅠ型アレルギーによる疾患です、毎年花粉の飛散時期に一致して症状が出現し、花粉の飛散量に比例して症状が増悪します、そしてその時期が過ぎると突然、症状が消失することを特徴としています。花粉症の症状には、大量の水性鼻漏、鼻閉、くしゃみ、鼻内掻痒などの鼻炎症状、眼結膜の発赤、掻痒、流涙、眼瞼腫脹などの結膜炎症状、及び呼吸困難、喘鳴、咳といった気管支喘息症状などが挙げられています。花粉症の西医における治療は、薬物療法が中心で、初期療法として症状が出現する2週間程度前から、抗アレルギー薬の投与を開始して花粉症のシーズン終了まで継続されます、そして症状が出たときには対症療法として、局所ステロイド薬や点眼薬などが投与されます。これらはその年だけの一時的な対症療法ですが、根治療法として減感作療法というのが行われています、これは毒をもって毒を制すといった方法で、つまりアレルゲンである花粉のエキスを体内に少しずつ注入して、花粉に対するアレルギー反応を低下もしくは皆無にしてしまおうという方法です、しかしこの方法は実施条件にかなりの制約があるようです。花粉症に対する鍼灸治療は、症状の有無、軽重に関係なく一年を通じて行います、つまりシーズン中は対症療法として症状緩和を目的とした治療を行い、シーズン終了後は体質改善による根治を目指した治療を行います。花粉症に対する鍼灸治療は、対症治療として眼窩周辺、鼻根部周辺、顔面神経根部、頚部交感神経に対して行います、そして根治治療は免疫系のアンバランス是正を目的とした全身治療を行います。


予防・対策

 花粉症は致命的な疾患ではありませんが、症状の程度によってはQOL(生活の質)を著しく低下させます、花粉症対策の基本はアレルゲンである花粉との接触を最小限にとどめるということです。その為には気象情報や花粉情報を活用して、極力外出を避けたり、外出時にはマスク、メガネなどの防具を着用して、帰宅時には衣服に付着した花粉を部屋に持ち込まないといった、基本行動を取ることによって症状を軽減させることができます。花粉症の治療だけでで鍼灸治療をする人は少ないですが、肩こり、腰痛などの症状を持っている方はそれらの治療と合わせて、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料