湿疹(アトピー性皮膚炎他)

アトピー

鍼灸治療

 湿疹は皮膚炎ともいい、皮膚科外来患者の1/3を占める非常にポピュラーな疾患です、この湿疹反応は外来刺激と生体側の相互作用によって発症します。外来刺激には、種々の化学物質、化粧品、金属、洗剤、薬物、などの化学的因子、植物、微生物、昆虫などの生物学的因子、日光、温熱、寒冷、乾燥などの物理学的因子といった非常に多彩な因子が関与しています。症状は一般に湿疹三角形といって、紅斑、丘疹、小水疱、膿疱、湿潤、結痂、落屑の経過をたどって治癒または苔癬化します。湿疹の分類として、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、貨幣状湿疹、ヴィダール苔癬、自家感作性皮膚炎に分けられていますが、ほとんどは生体側の過剰免疫反応によるものです。湿疹の西医における治療は、対症療法としてステロイド剤、効ヒスタミン剤、抗アレルギー剤による薬物療法が主体となっています。湿疹に対する鍼灸治療は、再発を繰り返し、西医による薬物療法が思わしくない方を対象とします。治療は、過剰な免疫反応を抑え、バランスの取れた免疫系を取り戻すことを目的とした全身治療を行います、また掻痒感に対する対症治療として、掻痒部を支配する知覚神経の根部である傍脊柱脊髄神経節への働きかけも行います。


予防・対策

 湿疹は皮膚疾患の中で、点状状態、多様性、掻痒の三徴候をもつものをいいます、このうち掻痒は最も大きな症状で、分類されているすべての皮膚炎が激しい掻痒感を伴います。かゆみはヒスタミンによる痛覚受容器への持続的な弱刺激によって発生しますので、西医においては効ヒスタミンの投与、鍼灸治療においては脊髄神経節のブロック効果によってかゆみの軽減をはかります。しかし、これらは一時的な対症治療ですので、過剰な免疫反応を是正する為の根本治療が必要です、鍼灸治療には体質改善作用による完治の可能性がありますので、薬物療法の効果が思わしくない方は、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料