肋間神経痛

肋間神経痛

鍼灸治療

 肋間神経の走行に沿って生ずる疼痛発作を肋間神経痛と呼びます。 これは他の神経痛と同様、単なる症状名にすぎず疾患名ではありません。 したがっていろいろな基礎疾患によって症状が起こります、最も多いのが脊椎及び脊髄の疾患で、それ以外では胸腔内疾患による関連痛として起こります。肋間神経痛の疼痛は激しく、咳、くしゃみなどにより増悪したり、誘発されたりします。通常、症状は片側性で基礎疾患の早期診断とそれに対する治療が重要です。 肋間神経痛に対する鍼灸治療は、疼痛域を支配する神経根部として、背部、側胸部、前胸部を治療点とします。そして肋間神経痛を起こす基礎疾患が、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊椎分離症、脊椎すべり症などによるもので、保存療法が可能なものは併行してそれらの治療も行います。その他基礎疾患が、腫瘍、骨折、カリエス、胸腔内疾患などによる肋間神経痛は、西医よる治療が先決で鍼灸治療は併用療法として疼痛緩和を目的とした治療となります。


予防・対策

 肋間神経痛を誘発する原疾患は多岐にわたっている為、根本的な予防法はありません。肋間神経痛を発症した場合は極力、咳、怒責、くしゃみなどを抑えて症状を増悪させないようにしてください。また、痛みをコントロールできている間はよいですが、あまり我慢をしているとストレスが溜まりそれが症状を像悪させるという悪循環に陥ってしまいますので、早めに鍼灸院に相談されてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料