頭痛

頭痛

鍼灸治療

 機能性頭痛の代表的なものに偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛があります。まず偏頭痛についてですが、頭痛が発作的に数時間から数十時間持続し、片側性、拍動性に起こり、日常生活に強度の支障をきたします、随伴症状としては悪心、嘔吐、羞明、音過敏を伴い、体位変換や運動により頭痛が増悪します、偏頭痛には前駆症状を伴う場合と伴わない場合がありますが、前兆として最も多いのが閃輝暗点です、偏頭痛発症の原因として脳内セロトニンの低下があげられています。緊張型頭痛は頭部を圧迫または締め付けられるような持続性の痛みが両側性に生じます、また偏頭痛のような強度の痛みは無く随伴症状もありません、原因としては精神的ストレス、筋性ストレスが重要な要素となっています。群発頭痛は20歳から40歳の男性に多く発症し、眼球周囲を中心とする片側性の激しい頭痛が突然起こり、一回の発作は2時間以内と比較的短いですが、数週間に渡り毎日同じ時間帯に起こります、随伴症状として頭痛側の流涙、眼の充血、鼻汁、鼻閉などが特徴としてあげられています。 機能性頭痛に対する鍼灸治療はまず後頚部の筋緊張を和らげることが重要です、そして疼痛緩和を目的とした圧痛箇所への施術と疼痛領域を支配している知覚神経の中枢側に治療点を見出します。また随伴症状に対しては症状部位を走行する経絡の中から症状にふさわしいツボを選んで対症治療とします。そしてこの機能性頭痛の原因で大きな部分を占めているのがストレスですからストレス緩和を目的とした全身治療が特に重要です。


予防・対策

 生活の中で症状を誘発する条件を丹念に調べて、それぞれ改善していかなければなりません。特に飲酒、喫煙、コーヒーなど脳神経や脳血管を刺激するものをなるべく控えるようにしたり、過度の疲労や緊張はストレスを増大させますから、そのような状況にならないよう心がけてください。いろいろ努力をしても頑固な頭痛が改善しない方はお近くの鍼灸院に相談されてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料