関節炎

関節炎

鍼灸治療

 関節は骨、軟骨、関節包、筋肉、腱、靭帯、などで構成されています、この関節は運動により常に機械的刺激を受けているので容易に炎症を起こします。関節炎の原因には感染、外傷、アレルギー、代謝異常などが考えられます。症状は、関節の腫脹、疼痛、局所熱感、運動機能障害などです。関節炎に対する治療は原因疾患が、医原性の感染、打撲、膠原病、痛風、などによるものですので西医による治療が先決です。したがって鍼灸治療は、疼痛緩和と運動機能回復を目的とした併用療法となります。


予防・対策

 関節炎の原因が突発的、体質的なものですので根本的な予防法はありません、したがって発症したら迅速かつ適切な治療を心がけてください。また鍼灸治療には関節周囲の血液循環を促進して炎症を取り除く作用がありますので、お近くの鍼灸院で治療してみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料