頚肩腕症候群

頚肩腕症候群

鍼灸治療

 頚肩腕症候群には広義と狭義があります、広義では頚部から肩、上肢にかけて何らかの症状を示す疾患群の総称です、頚肩腕症候群の原因として最も多いのが変形性頚椎症です。頚肩腕症候群の症状は項頚部痛、肩こり、上背部痛、上肢の疼痛、手指のしびれなど多彩です、その他では胸郭出口症候群なども同様の症状を示します。一方狭義では、広義と同様の症状を示しながらもはっきりとした原因疾患をつかめない場合にも頚肩腕症候群の診断名が使われます。またキーパンチャー、コンピュータ使用者、流れ作業従事者など、上肢を過酷に使用して同様の症状を示す場合は、職業性頚肩腕障害と呼んで区別しています。頚肩腕症候群に対する鍼灸治療は広義の場合は原因疾患に対して治療を行い、狭義の場合は症状の種類と部位に対して治療を行います。また職業性頚肩腕障害に対しては酷使している筋群を中心に背部、腰部に対しても治療を行い、あわせて眼精疲労やストレス緩和の為の治療も行います。しかし症状が脊髄症、腫瘍、感染症による炎症などの場合は鍼灸治療対象外となります。


予防・対策

 広義の頚肩腕症候群は原因疾患が加齢によるものとか、体質的なものであり、狭義の頚肩腕症候群は原因が不明ということで予防は困難ですが、職業性頚肩腕障害については作業と休養のバランスをうまく調整することによって予防できます。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料