鍼灸治療

捻挫

鍼灸治療

 捻挫は関節部に外力が加わり、生理的可動域を越える運動が強制された場合に生じる関節包、靭帯などの損傷です、したがって骨や軟骨の損傷は無く関節面の相互関係は保たれています。捻挫を起こしている関節にストレスを加えると疼痛は再現され、軟部組織の損傷が高度であると異常可動性がみられます。一般に足関節のように運動範囲の少ない関節ほど捻挫を起こしやすく、肩甲上腕関節のように可動域の大きな関節は起こしにくくなっていますが、むしろ脱臼を起こしやすくなっています。捻挫は通常、軽度、中等度、重度といった3段階に分類されます。軽度の場合は、靭帯のごく一部がきれた状態で疼痛は軽く関節の異常動揺性はありません。中等度及び重度の場合は、靭帯や関節包の大部分または完全に切れた状態で疼痛、腫脹、内出血などが強く関節動揺性も生じます。捻挫に対する鍼灸治療は、症状が軽度の場合が中心で、圧痛箇所を中心に筋緊張を和らげる治療を行います。


予防・対策

 捻挫を起こす状況は動作、肢位、スポーツ、事故など多岐にわたっているので予防は困難な面がありますが、細心の注意を払うと共に普段から関節の柔軟性を目的とした運動をすることで、かなりの捻挫は予防できます。自然治癒するような軽い捻挫でもそのままにして置くと関節組織が硬くなってしまいますので、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料