リウマチ

リウマチ

鍼灸治療

 ここで言うリウマチは慢性関節リウマチのことです。この慢性関節リウマチは、原因不明の慢性関節炎を特徴とする疾患で女性に多く、好発年齢は30歳から50歳で日本では50万人が罹患しているといわれています。慢性関節リウマチによる関節炎は、すべての滑膜関節に起こり多発性、対称性の傾向を示します、初期には、滑膜の炎症のみで手指や足趾の小さな関節から始まり、進行すると起床時に関節が動きにくくなる、いわゆる「朝のこわばり」を訴えるようになります。さらに進行すると軟骨、骨の破壊が起こり、関節は変形、脱臼し、骨性強直により可動性を失います。慢性関節リウマチによる変形は、手指においては中手指節関節部の尺側変位、指のスワンネック変形、ボタン穴変形、足趾では外反母趾などが特徴として挙げられています。関節炎は肘、肩、膝、股関節などへも広がり、頚椎の罹患率も高く、貧血や肺、眼、皮膚、末梢神経などにも炎症症状が現れることがあります。慢性関節リウマチに対する治療は、まず西医において類似する疾患の除外診断と慢性関節リウマチの確定診断が先決となります。そして症状の進行度により基礎療法、リハビリテーション、薬物療法、手術療法に分かれます。このうち基礎療法、リハビリテーションは保存療法ですので鍼灸治療は積極的に行います。また薬物療法、手術療法に対しても疼痛の軽減と障害の進行阻止の為併用療法として鍼灸治療は行います。治療は、症状が炎症ですので患部から離れた部位の筋及び患部を支配する神経に対して行い、あわせて症状によって影響を受ける筋群に対しても治療を行います、また体質改善を目的とした全身治療も行います。


予防・対策

 慢性関節リウマチの場合ごく一部の自然治癒するタイブを除いて、多くは完治させる手段がない為、治療の目的は疼痛緩和と障害を進行させないということに重点を置きます。その為には優秀な医師を中心に看護師、理学療法士、鍼灸師などのパラメディカル・スタッフが一致協力して患者さんのQOL向上を目指すと共に、症状の増悪因子として挙げられている過労やストレスを解消する指導も行われます。また鍼灸治療は身体に優しい治療法ですのでお近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料