鍼灸治療

テニス肘

鍼灸治療

 テニス肘はテニス中、特にバックストロークで衝撃力が加わると、橈側手根伸筋に力が加わってその起始部である上腕骨外側上顆に疼痛を生じます、これはこの部分での出血、部分剥離、炎症などが病態であると考えられています。テニス肘の原因は、前腕伸筋群の使い過ぎによるものでゴルフ、スカッシュでも見られます、これらスポーツ以外では、家事をよく行う中年女性に好発する慢性化した上腕骨外側上顆炎も同様の機序で発症します。テニス肘に対する鍼灸治療は、患部の消炎鎮痛と筋肉の柔軟性を取り戻すことを目的とした治療で、上腕骨外側上顆を起始とする伸筋群に対して行います。


予防・対策

 テニス肘の原因が使い過ぎによるものですので、適度な休養をとることとストレッチ運動を入念に行い、充分な筋力をつけることがテニス肘の予防につながります。また鍼灸治療は筋肉の疲労回復効果がありますのでテニスをした後にお近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料