胃酸過多症

胃酸過多症

鍼灸治療

 胃酸過多症は胃酸の分泌能力が異常に亢進して、胃酸の分泌が正常範囲を超えてしまい、胸やけやげっぷ、酸っぱい胃液が口の方へこみ上げてくる呑酸などの症状が慢性的に起こる状態をいいます。胃酸分泌過多はタンパク質分解酵素であるペプシン分泌過多をも伴っているので、食道、胃、十二指腸、ときには空腸にまで消化性びらんや潰瘍を発生させます。原因としては、胃粘膜の胃酸分泌細胞である壁細胞の増加または感受性の亢進、胃液分泌の促進と抑制を調節する神経(迷走神経、交感神経)やホルモン(ガストリン、セクレチン)の働きがうまくいかない、などが考えられていますがその仕組みについてはよくわかっていません。胃酸過多症に対する鍼灸治療は、原因が自律神経失調に起因するものとホルモンバランスの崩れによるものですから、胸背部交感神経と頚部迷走神経への働きかけを中心に、背中側と腹部にあるツボに対して治療を行います、また胃炎を併発している場合を考慮して、胃経への経絡治療も行います。


予防・対策

 胃酸過多症は過度の飲酒、喫煙、香辛料の摂取によって起こります、また精神的疲労によるストレス状態でも発症しますので、これらを注意することで胃酸過多症は予防できます。また頑固な胃酸過多症でお悩みの方は、お近くの鍼灸院で治療されてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料