扁桃炎

扁桃炎

鍼灸治療

 扁桃は咽頭粘膜内に発達したリンパ網様組織で、口峡を中心にワルダイエル扁桃輪を形成していますが、口蓋扁桃が臨床上最も重要となっています、つまり口蓋扁桃は上気道における感染防御の機能を担っていて、常に炎症に曝露されている生理的炎症臓器であるといえます。扁桃炎の原因は細菌感染であり起炎菌としてはレンサ球菌、ブドウ球菌、肺炎球菌などです、扁桃炎は通常感冒のときや気候の変化、あるいは過労などによって発症します。症状は発熱、頭痛、全身倦怠を初発症状とし、しばし39~40゜Cの高熱を発し、ときには悪寒戦慄を伴います、また咽頭痛はとくに嚥下時に激しい痛みが伴います。扁桃炎に対する鍼灸治療は症状が初期の段階、あるいは安定した状態を対象とします、したがって高熱及び悪寒戦慄を伴う場合は対象外となります。治療は症状に応じた経絡治療と免疫力増強を目指した治療を行います。


予防・対策

 扁桃は生理的炎症臓器であるといっても、炎症状態は起炎菌に対して劣勢状態にあるわけですから好ましい状態ではありません。急性扁桃炎を何回も繰り返す場合は習慣性扁桃炎といって、年4回以上繰り返す場合、扁桃摘出手術の適応となる場合があります。したがってバランスのとれた食事、充分な睡眠、適度な運動に配慮して免疫力を高めるようにしてください。また鍼灸治療を取り入れると免疫力がさらに高まりますので、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料