喀痰

喀痰

鍼灸治療

 喀痰は気管、及び気管支粘膜からの分泌物を主成分とし、これに気道粘膜から剥離した細胞や吸引した異物などが混ざっています。また生理的分泌液は1日に100mL前後分泌されますが、大部分は再吸収あるいは蒸発し、残りもほとんどが嚥下されるため、痰として喀出されることはありません。したがって多量の痰が喀出されるのは気道の炎症や腫瘍、あるいは肺鬱血などによって、過剰に分泌物が産生される場合であり、病的な場合に限られます。喀痰はその性状により粘液性痰、膿性痰、漿液性痰、血性痰などに分類されます。喀痰に対する鍼灸治療は、まず西医における検査と原因疾患の特定が先決です、そして西医での治療と併行した治療になります。治療は肺機能強化を目指した経絡治療と、背部及び胸部のツボに治療を行うと共に、原因疾患に対する治療も可能な限り行います。


予防・対策

 喀痰は日常よくある現象ですのであまり気に止める必要はありませんが、その量と性状によっては、大きな病気が潜んでいる可能性がありますので、異常を感じたら早めに検査をするようにしてください。また頑固な喀痰にお悩みの方は、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料