膀胱炎

膀胱炎

鍼灸治療

 膀胱炎は細菌感染による膀胱の炎症であり、これには急性膀胱炎と慢性膀胱炎があります。急性膀胱炎は尿道から逆行性に病原菌が進入し、膀胱粘膜に定着して発症する場合が多く、起炎菌としては大腸菌を含め腸管由来のグラム陰性桿菌となっています。正常な膀胱粘膜は細菌に対する感染防御能力は強く、単に細菌が膀胱内に進入しただけでは、なかなか発症しないのですが、長時間排尿を我慢したとき、感冒にかかったとき、疲労やストレスで全身的な感染防御能力が低下したとき、などの場合に発症します。症状は、排尿痛、頻尿、尿混濁が三大症状であり発熱はなく、他の全身症状も軽症のものが多いようです。慢性膀胱炎は最初から慢性型として発祥するものもありますが、ほとんどは急性膀胱炎より移行してきます。また基礎疾患として、尿路結石、膀胱腫瘍、神経因性膀胱、前立腺肥大、などが発症誘因として挙げられています。慢性膀胱炎の症状は、急性膀胱炎よりも軽いのですが、基礎疾患の症状が加わりますので、むしろ複雑な様相を呈します。膀胱炎に対する鍼灸治療は、急性単純性膀胱炎の場合、消炎鎮痛を目的とした背部と腹部のツボに対する治療と、免疫力増強を目指した全身治療を行います。慢性膀胱炎に対しては急性治療に加えて、基礎疾患の治療も可能な限り行います。


予防・対策

 慢性膀胱炎は急性膀胱炎から移行しますし、急性膀胱炎は、疲労、かぜ症候群、排尿我慢、などによって発症しますから、それらを注意することで予防できます。また定期的な鍼灸治療は免疫力を高める効果がありますので膀胱炎になりやすい方は、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料