眼精疲労

眼精疲労

鍼灸治療

 眼精疲労は視覚作業による疲労により、休息しても充分な回復が得られないで、常に眼痛、頭痛、視力減退、流涙、めまい、肩こり、吐き気、などの症状を起こす一連の症候群を言います。眼精疲労は視覚作業における環境の変化、つまり、従来の一般事務といった静的視覚作業からパソコンによる動的視覚作業への変化が、眼精疲労の原因としてクローズアップされています。眼精疲労の分類として、屈折性、調節性、筋性、症候性、不等像性、神経性、ドライアイなどが挙げられていますが、実際には原因が単一ではなく、いくつかの要因が複合的に働いた、複合型の眼精疲労がが多いと言われています。眼精疲労に対する鍼灸治療は、原因が主にVDT作業によるものを対象とします、治療は眼筋への血流改善を目的として頚、肩の筋肉緊張をほぐし、眼窩周辺の治療点に行うと共に、対症治療としてそれぞれの症状に応じた治療も行います。また原因が器質的疾患によるものは、西医による治療が先決で、鍼灸治療は併用治療として随伴症状に対して行います。


予防・対策

 眼精疲労の原因が、老眼、眼筋麻痺、緑内障などといった器質的疾患によるものは予防できませんが、原因がVDT作業によるものは、作業と休養のバランスをうまくとることによって予防できます。また鍼灸治療にはリラクゼーション効果がありますので眼の疲れを感じたなら、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料