貧血症

貧血症

鍼灸治療

 貧血症とは、血液の単位容積あたりの赤血球数、ヘマトクリット値、ヘモグロビン量が正常よりも低下した結果、組織への酸素供給不足により諸症状が出現した状態をいいます。症状は蒼白、動悸、息切れ、収縮期雑音、頭痛、耳鳴り、めまい、全身倦怠、食欲不振など多彩です。貧血症を起こす成因として、赤血球産生能力の低下及び赤血球消失量の増大が挙げられます。赤血球産生能力の低下には、臨床的に最も頻度の高い鉄欠乏性貧血、ビタミンB12不足による悪性貧血、葉酸欠乏による巨赤芽球性貧血、及び造血幹細胞が減少して起こる再生不良性貧血などがあります。赤血球消失量の増大には、赤血球の破壊が亢進し、赤血球の寿命が短縮して起こる溶血性貧血及び出血による貧血などがあります。その他、二次性貧血として腎障害、慢性炎症、肝疾患、内分泌疾患及び加齢に伴う貧血などが挙げられています。このように一口に貧血といっても、原因とその症状は多岐にわたっていますので、検査による鑑別診断と適切な治療が特に重要です。貧血症に対する鍼灸治療は、西医における鑑別診断と治療が先決で、鍼灸治療は併用治療となります。治療は体質改善による根治を目指した全身治療を行います。


予防・対策

 二次性の貧血は、原因疾患の治療による治癒で消失しますが、原発性の貧血は、栄養吸収障害や自己免疫機序に基ずく体質的要素が大きいので予防はできません、異常を感じたなら、検査による原因の特定と適切な治療を心がけてください。また定期的な鍼灸治療には体質改善作用がありますので、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料