甲状腺機能障害

甲状腺機能障害

鍼灸治療

 甲状腺は、甲状軟骨(のどぼとけ)に下から取り囲むように取り付いています、この器官は蛋白質代謝、糖代謝、脂質代謝などの物質代謝に必要な、サイロキシン(T4)とトリヨードサイロニン(T3)というホルモンをを分泌しています。このホルモンは血中濃度が常に一定濃度になるように、脳内の視床下部や下垂体によって負のフィードバック機構が働いて調節されています、この調節系が何らかの原因で機能しなくなった状態を甲状腺機能障害といいます。甲状腺機能障害には、甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症があります。甲状腺機能亢進症は、甲状腺におけるホルモンの合成と分泌が増加して血中甲状腺ホルモンが増加することによって諸症状が発現します。症状は動悸、頻脈、発汗亢進、暑がり、微熱、体重減少、便通過多、気分の変調などです、原因はバセドウ病によるものが圧倒的に多く、この疾患は自己免疫性甲状腺疾患のひとつで、甲状腺刺激ホルモン受容体を刺激する自己抗体が関与しているものと考えられています。甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの合成、分泌が低下し、血液中の甲状腺ホルモン濃度が減少して、ホルモンが組織に作用しなくなった結果、生ずる病態をいいます。症状は全身倦怠感、耐寒性低下、皮膚の乾燥、便秘、浮腫などです、原因は甲状腺組織自体の病変による原発性と、視床下部、下垂体に原因のある二次性に分類されますが、慢性甲状腺炎である橋本病といった原発性に起因するものが多くなっています。甲状腺機能障害に対する鍼灸治療は、西医における鑑別診断と治療が先決で、鍼灸治療は併用治療となります。治療は原因が遺伝的及び自己免疫機序に基づくホルモンバランスの調節異常によるものですので、生体恒常性維持機能強化と体質改善を目的とした全身治療を行います。


予防・対策

 バセドウ病も橋本病も適切な治療が施されている限り、直接生命にかかわることはありませんが、難治性で特にバセドウ病は根本的治療法はありません、したがって西医における治療の目的はホルモンの正常状態を維持することに主眼が置かれています。また定期的な鍼灸治療には症状を緩和させながら体質改善を図る効果がありますので、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料