糖尿病

糖尿病

鍼灸治療

 糖尿病は膵臓のインスリン産生細胞であるβ細胞からのインスリン分泌不全あるいは組織におけるインスリンの作用不全の結果生じる糖、タンパク、脂質の代謝異常を言います。糖尿病には、インスリン依存型(1型)とインスリン非依存型(2型)がありますが、日本ではインスリン依存型は全体の5%以下で、ほとんどはインスリン非依存型です。インスリン依存型は、自己抗体によりβ細胞が破壊されて発症するもので、インスリン注射を欠くと直ちに生命の危険があります。インスリン非依存型は、遺伝子の関与が強く、これに肥満、過食、運動不足、ストレス、加齢などが加わって、インスリン分泌不足と末梢組織におけるインスリンの作用不足の結果発症します。現在、日本では糖尿病の患者数が740万人と推定され、糖尿病予備軍を入れると1600万人を超えるといわれていまます、しかし治療中の患者数は200万人程度で、多くの患者さんが未治療ということになります。症状は、口渇、多飲、多尿、全身倦怠感、体重減少などですが、これらは個人差があり、かなり血糖値が高くても無症状の場合があり、合併症の症状が出現して、初めて糖尿病と診断されるケースが少なくありません、この点がサイレントキラーといわれる理由でもあります。糖尿病の恐ろしさは、自覚症状が乏しく静かに体を蝕んでいくことと、多彩な合併症による悲劇的な結末を迎えなくてはならないということです。糖尿病の合併症は、血管合併症によるものがほとんどです、これは長期間の高血糖が血管壁の変性や血管腔の狭窄を起こし、組織細胞内ではインスリンが関与しないソルビトール代謝が促進され、網膜症、腎症、末梢神経障害、心筋梗塞、脳梗塞などの血管合併症が生じます。糖尿病に対する鍼灸治療は、西医における血糖及び病状管理が行われている限り、1型2型、症状の軽重、合併症の有無などに関係なく、すべてを対象とします、また糖尿病予備軍に対する予防的治療も行います。治療は体質改善による根治を目指した全身治療を行います。


予防・対策

 インスリン依存型は、自己免疫反応によるものですので予防は困難ですが、インスリン非依存型は、遺伝的要素があるとは言うものの、ほとんどは生活習慣に起因して発症しますので、バランスのとれた食事、適度な運動、充分な睡眠、ストレスを溜め込まない、などを日常的に心がけることによってほとんどの糖尿病は予防できます。また現在、糖尿病の治療をしている方、および糖尿病の危険性を指摘されている方は、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料