自律神経失調症

自律神経失調症

鍼灸治療

 自律神経は交感神経、副交感神経および内臓からの求心性神経からなり、人間が生きていくのに必要な、循環、呼吸、代謝、分泌、体温維持、排泄、生殖などの自律機能をつかさどっています、またこの自律神経は平滑筋、心筋、及び分泌腺を支配してこれら自律機能を協調的に調節しています、そして自律機能の調節がなんらかの原因でうまく機能しなくなり、種々の身体的な愁訴が出現した状態を自律神経失調症と呼びます。症状は、自覚的なものが多く、頭痛、めまい、疲労感、不眠、ふるえ、四肢冷感、発汗異常、動悸、息切れ、胸部圧迫感、胸痛、食欲不振、胃部膨満感、便秘、下痢など多彩です。自律神経失調症の特徴は、愁訴に見合うだけの器質的疾患がなく、原因も不明であることです、したがって西医における治療の基本は精神療法であり、補助的に精神安定剤や自律神経遮断薬などを併用するにとどまっています。自律神経失調症に対する鍼灸治療は、まず西医における器質的疾患の除外診断が必要です、そして検査の結果、なんら器質的異常が認められない場合、鍼灸治療は積極的に行われ、高い治療効果をあげることができます、これは鍼灸治療が衰えかけた生体恒常性維持機能を回復させることができるからです。治療は、根本治療として、後頚部及び胸腰部交感神経と前頚部及び仙骨部副交感神経への働きかけを中心に行い、対症治療として最も強く現れている愁訴に対して経絡治療を行います、またストレス緩和を目的としたリラクゼーション治療も行います。


予防・対策

 西医における自律神経失調症に対する治療は、主に精神療法ですから取り扱う部門は、精神神経科や心療内科ということで、中小の病院や町の開業医ではほとんど目にすることはありません、したがって身近なところで適切な治療を受けるのが難しい状況です。そのてん、鍼灸院はどこにでもありますから気軽に相談できます、また病院の検査で器質的疾患がないと診断された場合、ほとんどの自律神経失調症による愁訴は生命の危険がありませんので、安心して鍼灸治療を受けることができます、是非、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。

家庭でできる小児鍼

症例別鍼灸治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料